11月25日 二代目栴檀植樹式

 1125日に,二代目栴檀植樹式を行いました。

 平成28326日,苦渋の決断でしたが,幹の腐朽により学校のシンボルであった栴檀の木を伐採しました。それから18カ月が経ちましたが,栴檀の命を引き継ぐことができた思いでほっとしています。

 二代目栴檀の木は,伐採した栴檀の種を子ども達が発芽させたものの1本です。大切に大切に育ててきました。「歴史をつなぐ」「命をつなぐ」 栴檀の木の引き継ぎを,子ども達にとって教育的な意味のあるものにしたいと考えていました。

 二代目の栴檀の木も,50年,100年と子ども達と岩戸小学校の成長を見守ってくれると思います。栴檀の木に負けないように,たくましく成長していってほしいと願っています。また,時々母校に帰ってきて,「栴檀の木,大きくなったね。」なんて話してくれるとうれしいです。

 栴檀の記憶を風化させないように,石碑を建てました。石碑に刻まれた校歌の三番の文字は,西隈の書道家である,田代満智子様に書いていただきました。石に刻む作業は,片縄の石彫家である,山口清司様にお願いしました。また,石碑建立の費用は平成272829年度卒業記念として保護者様から御支援いただいています。ありがとうございます。

 なお,栴檀の木の歴史及び伐採に至った記録,そして植樹式を含めた二代目栴檀の木への引き継ぎ等を,「栴檀の記憶」という簡単な本にまとめ,後世に残していこうと思います。現在作成中です。本年度中にはお渡しできるように進めていきます。

 校長 福島 隆幸